高配当株か、投資信託か

fire
ランキング上位の為にポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 高卒リーマンいっしーの30歳でセミリタイアへの成長日記 - にほんブログ村
ランキング上位の為にポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 高卒リーマンいっしーの30歳でセミリタイアへの成長日記 - にほんブログ村

こんにちはいっしーです。

資産運用で高配当か投資信託迷っています。どちらにするべきか。

高配当株について

高配当株の魅力

高配当株の魅力は、なんと言っても名前通り配当金が入ってくる事。株を持っているだけで勝手にお金が入ってくる。これこそが不労所得ってやつですね。

個人的な高配当株のデメリット

資産を築く過程では配当金は結局再投資する。

高配当株は確かにお金が勝手に入ってくるという事でまさに金のなる木なのですが、セミリタイアまでの生活ではお金が入ってきても意味無いんですよね。結局入ってきた配当金をまた再投資するので手間が増える。自動でやってくれるネット証券もありますが。配当金が出る度にその配当金に対して税金がかかってしまう。これって資産を築こうとしている人には無駄じゃ無いかな?と思うのです。

個別株であること

配当金を貰うという事は、配当利回りが高そうで財務がしっかりしてそうな企業に投資してその恩返しとして配当金を貰うという事です。しかし、僕は素人に財務がしっかりしてそうな会社を見極める事って結構難易度高くない?と思うのです。何も考えないで単に配当利回りが高い企業に投資すると1年後に減配や無配になる可能性もあるんです。最近高配当株か、投資信託(インデックス投資)かと言われていますが高配当株は難易度高いと思います。なんだかんだ言って個別株の投資ですからね。それに、長期間で考えると個別株の場合どこかで持ち株を売却しなければいけない時が訪れると思います。ずっとその会社が成長し続けるとは限りませんからね。(JTはどうなるんだろう…)ETFだったらリスク分散出来ると思います。日本には良いETFは無さそうですけど…。外国だったらHDVとかSPYDとかですね。

投資信託について

投資信託の魅力

買うタイミングがいつでも良い

高配当株の場合は買い時が重要なので安いときに一気に買う事が大事ですが、投資信託は地道に決まった期間コツコツ積み立てるのが基本です。高配当株は基本Buy&Holdなのでいかに安く買えるかが重要です。その為いつ買うかを吟味しなければなりません。それに比べ当信託は基本的に毎月一定の額を積み立てるのが基本なので特に頭を使う必要がありません。ドルコスト平均法で何も考えなくても高いときは少なく、安いときは沢山買えるという及第点は貰えるような買い方を出来ます。(高配当株を投資信託のように毎月コツコツ買うのも勿論ありです)。

リスクが分散出来る

投資信託は多くの企業の投資しているのでリスク分散が出来ます。個別株の場合その企業の影響がもろに自分の資産に直結しますが、投資信託は個別株よりその可能性が低いです。1社に100%の資産を投資している場合と、1000社にそれぞれ0.1%ずつの資産を投資している場合ではどっちがリスクが高いかは明白ですね。

投資信託のデメリット

売り時が分からない

これなんですよねぇ~。株は買うよりも売りの方が難しいとはよく言ったものですね。ここで売ったら確かに現金が増えて生活は豊かになるけど、もしかしたら売ったら株価が上がるかもしれない…、じゃあもう少し待ってみよう。というのが永遠に続いてしまうんですよね(笑)人間は現状より下がっていく事を嫌う生き物なので、どんどん資産を取り崩して自分の資産額が減っていくのに耐えられないんですよね。だから売りたくなくなってしまう。いかにしてこの人間の本能を騙すかが大切なのかなぁと思います。4%ルールとかを参考にしながら自分の中でルールを決めてその範囲内で運用するのが良いと思います。例えば、利回りを5%と仮定し取り崩し率を3%にすれば、残りの2%は資産が増えます。これで資産を増やしながらしっかり自分の為に使えますね。

資産形成期は投資信託予定

僕は30歳までのセミリタイアまでの資産形成期は投資信託の予定です。もしかしたら高配当株ではない個別株もやるかもしれませんがそれは財務諸表など色々勉強してからなので当分先かなぁと思っています。あくまで主は投資信託、スパイス程度に個別株や暗号資産やIPOなどもやるのもありかなぁと思います。これは投資信託のデメリットには書かなかったのですが、ただ毎月同じように投資信託に積み立てるって退屈なんですよね。ただひたすら淡々と積み立てる、これが最適解かもしれないけど何もしなさすぎるのもつまらなくて何かしたくなる。人間って傲慢ですね。ひたすら淡々と積み立てることが出来る冷徹な心を持ちたい思います!(笑)

コメント

  1. ミサ より:

    投資信託は1年2年だと分かりにくいですもんね。10年20年のスパンでみんな考えてますからね。だから高橋ダンさんも言っているように、長期と短期の投資で口座を分けてやるのが大事といってますね。そうすれば、短期投資での利益やロスを経験して投資の楽しさを実感できますからね。

    • asuparasan asuparasan より:

      そうですね。短期で売買していたら投資信託のメリットである、ほったらかしでいいことをむしろ自分で無くしているようなことだと思います。
      確かに口座を分けて短期の方は勉強だと思って少額で投資するのも面白いですね!

タイトルとURLをコピーしました