FIREを達成する上で知っておきたい4%ルールとは

fire
ランキング上位の為にポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 高卒リーマンいっしーの30歳でセミリタイアへの成長日記 - にほんブログ村
ランキング上位の為にポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 高卒リーマンいっしーの30歳でセミリタイアへの成長日記 - にほんブログ村

FIREを達成しようと考えている人はどのようにして配当金や売却益を得て生活すればいいのでしょうか

FIREを達成する上で選択肢の1つとなってくる4%ルールについて紹介します。

4%ルールとは

「4%ルール」とは、年間支出の25倍の資産を築けば、年利4%の運用益で生活費をまかなえるという考え方です。年間支出が仮に250万円なら、6,250万円の資産を築いて年利4%で運用すれば、理論上は資産を維持したまま生活できます。

この4%という数字は、米S&P株の成長率7%から、アメリカのインフレ率3%を差し引いて計算されています。

これはアメリカ株に投資をした場合で計算しているので日本株に投資をしている場合では5%ルールなどでも理論上は可能となります。

実際の過去の結果はどうなのか

4%ルールは理論上の話なのでそれを実際検証してみた研究結果があります。

FIRE達成後、毎年資産総額の4%を取り崩しても、30年後95%の方の資産額が残った。それだけではなく、85%の方の資産が増えていった。

ここで注意なのが、30年後という期間と、95%の方の資産が残ったという点です。

仮にFIREを達成した歳が40歳だとすると70歳までは資産が残るがその先は不明ということです。人生100年時代と言われている現代では70歳で最期を迎える人生設計は少々不安があると思います。

そして、95%の方の資産が残ったについては、残ったなので1ドルつまり100円でも残っていればこの研究結果は成功と判断するのです。丁度30年後に最後を迎えるなら良いでしょうが、先ほど述べたようにFIREを達成するのが早ければ早いほど研究結果より先の30年以上生きる訳です。30年経てば年金などを受給する年齢になり多少は配当金以外から生活費を賄えますが自分の資産が減るのをただ眺めているのは精神的に辛いものです。

85%の方の資産が増えたという事は、15%の方の資産は減ったという事です。それなら15%の資産が減った側にならないよいうにはどのようにすれば良いのでしょうか。

対策法 リスクを小さくしよう

4%毎年取り崩すと30年後に15%の可能性で減るなら、リスクを抑えて3.5%や3%を毎年取り崩すようにすれば良いのです。そもそも株式投資は毎年右肩上がりで成長していくことはありません。上がったり下がったりしながら、長期的に見れば右肩上がりになっているものです。

ですから、4%ルールは実際には定率で取り崩そうとすると毎年受け取る金額が異なるという事です。4%ルールは定率と定額で取り崩す2パターンがありますが、結果はあまり変わらないそうです。

https://earlyretirementnow.com/2016/12/07/the-ultimate-guide-to-safe-withdrawal-rates-part-1-intro/

この研究の前提としては1926年から2017年までのS&P及びアメリカ国債を使用。株式:国債の割合が75:25の場合において、4%ルールは30年間では98%、40年では成功率は92%となっています。

やはり毎年の取り崩し%を抑える事で資産は長生きしてくれますね。

死ぬまで株式100%は確かにお金の事だけを考えた場合長期的にみれば正しい選択かもしれません。しかし、僕は死ぬまでずっと株価を気にして過ごす事はしたくないのでFIRE達成後は債権も買うかもしれません。

まとめ 自分のリスク許容度を把握しつつ投資をしよう

4%ルールを紹介しましたが、投資に絶対解は存在しません。

年齢や家族構成、本人の相場暴落時の精神状態などによってもリスク許容度は大きく異なります。今は株式100%だけど5年後には家族が出来て株式の比率をもう少し減らした方が良いとなる事も大いにあり得ます。

僕も現在は1人暮らし(寮住み)で年齢も19歳と若いので株式100%で投資する予定ですが、10年後にどうなっているかは実際問題分かりません。その時、その時で今の自分の投資方法がリスク許容度内で正しく行えているかチェックしていきましょう。

以上! 勉強になった!こんな事知りたい!などコメント待ってます☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました